読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ブログ】ふくしまの復興と原発ゼロをめざす大運動推進ニュース

2016年11月13日に福島市で開催された「国と東京電力は責任を果たせ!『11・13ふくしま集会』」で提起された「ふくしまの復興と原発ゼロをめざす大運動」にとりくむ『ふくしま復興共同センター』のブログです

福島 原発ゼロに 「100万人署名」行動

ニュース 新聞掲載記事

福島 原発ゼロに
f:id:n-tecchann:20161213135024j:plain
「100万人署名」行動

(しんぶん「赤旗」12月13日付4面より)
 原発再稼働を止め、福島切り捨て政治を転換するため、国と東京電力が責任を果たすことを求める「100万人署名」行動が12日、福島市のJR福島駅前通りで取り組まれました。ふくしま復興共同センターの呼びかけです。
 参加者は寒風が吹きつける中、横断幕、のぼりを掲げて宣伝署名行動。同センターの斎藤富春代表委員が「東京電力福島第1原発事故から5年9ヵ月、現在も8万人を超す福島県民が県内外に避難し続けるなど被害が続いています。福島第2原発廃炉をはじめ県民の願い実現のために署名に協力して下さい」と呼びかけました。
 50歳代の男性は「寒い中、頑張っていますね。行動することは大事だ」と署名。すぐにペンを握った女性(72)は「廃炉、賠償の費用を電気代や国民の税金としてかぶせようとするのはとんでもないこと。最後は私たちに負担を負わせるつもりかと言いたい」と強調。別の女性(80)は「報道を見るたびに早く原発をやめてほしいと思う」と話しました。
 「私は自民党だが福島県の現状は復興したとは言えない。まだまだ苦しんでいる人は多く、それを知らせてほしい」と署名した男性もいました。