読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ブログ】ふくしまの復興と原発ゼロをめざす大運動推進ニュース

2016年11月13日に福島市で開催された「国と東京電力は責任を果たせ!『11・13ふくしま集会』」で提起された「ふくしまの復興と原発ゼロをめざす大運動」にとりくむ『ふくしま復興共同センター』のブログです

「11・13ふくしま集会」ニュース No.05

200人が参加した生業訴訟原告団総会でも11・13集会参加の訴え

 6日、ふくしま復興共同センターに加盟している生業訴訟(「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟)原告団の総会が開かれました。この総会では、来年3月結審、その半年後に予想される判決で必ず勝利判決をかちとるために、法廷外での運動を強めようと、年内に第2陣提訴を成功させること、100万人を目標に「構成な判決を求める署名」に取り組むことなどとともに、福島復興共同センターとの共同の闘いをすすめることが確認され、11・13集会成功に奮闘することが確認されました。総会には、ふくしま復興共同センターの斎藤富春代表が来賓あいさつを行いました。それぞれの地域・団体で、11・13集会成功へ、裁判闘争に取り組むみなさんへの参加をよびかけようではありませんか。

 

「オール会津」で農林業損害賠償素案撤回の声上げる!

17市町村が参加する会津総合開発協議会が緊急要望 

 農林業の損害賠償素案撤回の声が急速に広がる中、17市町村が参加する会津総合開発協議会が、東電経産省宛てに「(素案は)会津地方の農林業の衰退を招きかねない重大な問題」と指摘し、会津地方として受け入れがたい方針案」として、これに反対する緊急要望書を、東電と政府に提出しました。福島切り捨てを許さない県民の運動が広がっています。

 

運動を交流し、原発ゼロ・福島切り捨て許さない闘いの展望を示す集会。必ず成功を!

 集会まで1週間を切りました。県内2000人の参加目標に照らして、各団体・各地域センターの参加集約は25%を超えたところです。

 ふくしま切り捨てと一体となった原発再稼働、東電延命と国民負担の押しつけという政府の原発政策が浮き彫りとなる中で、集会成功はいっそう重大な情勢となっています。同時に、新潟県知事選、飯舘村長選の結果にみられるような希望ある流れが大きくなっています。福島で開かれる集会を必ず成功させて、「福島の声と願い」を全国に発信していこうではありませんか。連日、参加確認数の報告を県労連あてにお願いします。